フリーメールの重要制

援交希望女子が多いと噂の出会い系サイト人気ランキング

無料で利用できる人気出会い系サイト

FirstMail

FirstMail

10代女子のイケナイ遊びが人気と聞くサイト!

98

出会いひろば

出会いひろば

10代女性に人気が有る無料出会いサイト

95

SWEET LINE

SWEET LINE

エッチで若い女の子探しに最適!

92

フレンズナビ

フレンズナビ

働く若い女性が多く恋愛力高め

86

有料ポイント制の人気出会い系サイト

ピュアアイ

ピュアアイ

若い子が多くノリの良さでアピールを

97

PC☆MAX

PC☆MAX

大人好き女子が多いので大人な会話が吉

92


未成年者との出会いは触法となります。出会い掲示板の利用は自己責任でお願いします。

普段の生活でも仕事とプライベートというものは使い分けている人が多いかと思いますが、その中で複数のメールアカウントを取得してそれぞれで違う事を管理している人という物も多く成って来たかと思います。そして特に出会い系サイトを利用しているのであればプライベートで利用しているアドレスとサイト内で使うアドレスという物は分けておいたほうがいいかもしれません。そしてその使い分けに便利なのがフリーメールです。
出会い系サイトに登録をした時にそこが優良サイトであれば全く問題がないかもしれませんが、もし少しでも怪しい所に当くしてしまった場合にはその登録したメールアドレスにスパムメール等が大量に送られてくるようになってしまうでしょう。ですのでもしそうなった時に簡単に変えのきくフリーメールというものがとても重要に成ってくるのです。広告メール自体は無料の出会い系サイトを利用している場合にはある程度しょうが居ない物かとおもいますが、やはりそれがプライベートのアドレスに逐一届いてしまうと多少面倒なことに成ってしまうでしょう。多くの広告メールにまぎれて大切なメールを見落としてしまったり…等。そしてもし悪質なサイトに登録してしまった場合にはそのアドレス自体が悪用されかねませんし、スパムメールの量も多く成ってしまう危険性があるので、複数の出会い系サイトを利用したいと思っているばあにはある程度の数のフリーメールアドレスで管理するといいかもしれませんね。最近のフリーメールはウィルスチェック等もあるのである程度安心して使える物と思います。

返信しやすいファーストメール

出会い系サイトで出会いを成功させるカギとなるのはやはり積極性でしょうか。気に成る異性を見つけら直にアプローチを駆けたり、又相手に積極的に話しかけたりなど、出来るだけアクティブに動いて出会いを見つけるという事も大切なことだと思います。しかし、ここで気を付けなければいけないのがファーストメールです。如何に素敵な女性を見つけたとしてもファーストメールで相手にされなければ積極性を発揮する場所も得られないでしょう。ですので、出来るだけ相手に気に入られるファーストメールを送ることが大切に成ってきます。
今回はそのファーストメールについて例題を出して考えていきましょう。
「始めまして。○○といいます、掲示板の書き込みからメールをさせてもらいました。趣味がサイクリングとありましたが、僕よく休日にはサイクリングをしてます。良かったら返信待っています。」この様なメールは、悪いという所もありませんが特に良いという事もありません。さあたり無難な出来、といったところでしょうか。

「始めまして、○○といいます。僕もサイクリングが趣味で、一度話してみたいな、と思ってメールをしました。休日には良く景色のいい所を目標にして出かけたりしています。○○さんはどういう道を走るのが好きですか? お勧めな場所とかあったら是非教えて下さい!」此方の場合多少メールの内容に膨らみを持たせているのが解ると思いますが、質問の文章もいれて相手が返信しやすい様にも作られています。自分の情報も適度に出していますので、最初に上げた例題寄りは多少読み応えという物があるのではないでしょうか。この様に同じ様な内容でも工夫する事によってちょっと違った雰囲気になりますので、色々と試して相手が返信しやすいメールという物を探ってみてください。

未成年の危険性

どのような動物も、若い雌ほど子孫を残す可能性を持っています。それは私たちにも言えることで、男性が若い女性に惹かれるのは遺伝子的な要因との説が濃厚です(もちろん、ただのロリコン、ペドも・・・)。
さて、援助交際といえば出会い系サイトです。規制法により18歳未満の出会い系サイト利用は禁じられていますが、徹底している業者は数えるほどしかありません。つまるところ、未成年が自由に出入りしているのが現状といえます。
男性の多くは、そうした未成年を狙って出会い系サイトを利用しています。また未成年も、そうした男性を利用すべく出会い系サイトを利用しています。
もしも、あなたの目の前に青さを残した少女が現れ、5万円でさせてあげると言ったらどうしますか。
即座にNOと言える、または躊躇する人は正常です。今後もその価値観を大切にし、援助交際とは無縁の人生を送って下さい。
即座にYESと答える人は問題です。お金が欲しい少女と、少女を抱きたい人・・・利害は一致すれど、援助交際は売春であり立派な犯罪です。加え少女は未成年なので、未成年淫行罪という尚重い罪状も追加されます。
もちろん少女にも問題はあります。
詳細な事情は各々異なるでしょうが、援助交際を選択する女性の大半は、物欲を原動力としています。つまりは、贅沢がしたいために体を売っているのです。
あなたが男性であるなら、そんな欲に塗れた女性を抱きたいと思いますが。内心ではこちらを見下し、金だけさっさと出せと悪態をついている女性を。
あなたが女性であっても同様です。欲だけで行動している―原始的な思考しか持たない―男性と関わりたいと思いますか。表向きは笑顔を浮かべつつ、こいつに×万円の価値はないと見下している男性と。
いずれにせよ、援助交際はリスキーな行為です。暴力や監禁の危険性があれば、治療法がないHIVをうつされる可能性もあります。自分だけは大丈夫、なんて奇跡はないのですよ。

利害の一致が援助交際を生む

1990年代、マスコミを大いに騒がせた『援助交際』。報道の減少=援助交際の減少と思い込んでいる人も多数いますが、そのようなことはありません。寧ろ援助交際の件数は、年々増加しています。
その背景にあるのは、インターネットとモバイル機器の普及です。
かつての援助交際は、公衆電話やポケベルを用いた接触や、直の客引きでした。ある程度“盛んな場所”で出向かなければ、援助交際は出来なかったのです。
しかし昨今はどうでしょう。インターネットへ接続できる環境さえあれば、何処からでも援助交際を行えます。またモバイル機器が一人一台と言われる時代、やり取りを周囲に悟られることもありません。
出会い系サイトをのぞくと、援助交際を希望する書き込みの多さに驚かされます。出会い系は18歳未満の利用を禁じていますが、実際にはこの規制が機能しておらず、未成年者を狙って楽しんでいる男性も多いです。
報酬に関しては、三万円〜五万円が妥当とされます。決定権は女性にあり、納得する額を用意できなければ相手にしてもらえせん。容姿やテクニックに自信がある女性は、相当な額を要求するとの噂です。
言わずもがな、援助交際は売春であり犯罪です。女性が未成年だった場合は、そこに未成年淫行罪も追加されます。当事者が黙秘し続ける限り事実が露見することはありませんが、その時がくれば実名報道されます。
たった一度の援助交際が原因で、人生を台無しにした男女も多いでしょう。既婚の場合は逮捕や解雇だけでなく、離婚や一家離散も十分にあり得る話です。
また自ら援助交際を選択したにも関わらず、精神を病む女性もいます。特に未成年はその可能性が高く、精神の均衡を失った様子から、家族が事実を把握することも珍しくありません。
自らが稼いだお金で異性を買うのも、そんな異性に買われるのも、すべては本人の自由です。自己責任ですべてを処理できるなら、それも良いでしょう。
しかし忘れてはいけません。援助交際は犯罪であり、一時的なものしか得られないことを。負のサイクルから抜け出せなくなれば、死んだも同然だということを肝に命じるべきです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ